2017年12月05日診断士講座「十河塾」を開催   中建日報|近未来コンクリート研究会は、インフラを適切に維持管理することを推進する支援をするとともに、これから建設されるコンクリート構造物を長寿命化するための研究を行います。
TOPページ > プレス情報 > 2017年12月05日診断士講座「十河塾」を開催   中建日報

2017年12月05日診断士講座「十河塾」を開催   中建日報

16日に説明会、全員合格めざす

 (一社)コンクリートメンテナンス協会(徳納剛会長)と近未来コンクリート研究会(十河茂幸代表)は、「2018コンクリート診断士合格指南講座・十河塾」を企画。受講のためのオリエンテーション(説明会)を12月16日の午前10時から、同協会会議室(広島市中区東千田町2-3-26)で開く。
 『コンクリート診断士試験講座指南』(日経コンストラクション)などの著書がある十河氏が直接指導する集中講座で、合格の鍵といわれる記述式問題に加え、4択問題にも重点を置いた内容。
 主催者によれば、「特に今年は十分な勉強時間が確保でき、やる気がある人のみを対象に全員合格を目指す」としており、16日のオリエンテーションでは合格者の体験談や試験までの勉強スケジュールを説明したのち、次回(2月10日)までの自主勉強教材を配布。2月の講座では「2018合格指南」の解説および自主勉強教材に基づく試験が実施され、一定の点数に達しなかった受講生は退塾になるという。
 これらを経て正式に塾生となったのちは、4月14日、6月16日、7月7日にそれぞれ講座が開かれ、模擬試験と解説を繰り返しながら記述式と4択問題の必勝法を指南する。
 なお、受講は協会員以外でも可能で、受講費用はテキスト代含め5万円(正塾生のみ)。申し込み等は、同協会HP(info@j-cma.jp)で受け付けている。